ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Day1-1 アジア旅行計画ひとりごと

NWの特典航空券(HKG-NRT-SIN)を発券した際に、なぜか取れてしまったGW期間中のNRT-SINのCクラス。アジア地区発券を続けているため、帰りのチケットをどうするか考える必要があり、いくつか選択肢を調べてみた。

定番のBKK発券、SIN発券。もしくはCANまで格安航空会社を使って、そこからビジネス需要がない期間ということで、空いてそうなNHの日本往復の特典航空券でつなぐ...。値段的にも時間的にも、どうもイマイチな感じ。

そもそもアップグレード条件の厳格化や、もはや一年の間に何回も休みが取れないということで、欧米アップグレード往復のために続けてきたアジア地区発券にも、魅力を感じなくなってきた。

「もうアジア発券はいいや」と、今度は日本までの片道の航空券を探してみることにする。予想通り高い航空券ばかりで、もう少し金額を足せば(短い有効期限ながら)往復の航空券が買えてしまう。

そんな中何気に検索してみたMHが、KUL-NRTが2万円後半というスペシャルオファーを出していた。旅行の行き先もそれに合わせてマレーシアを想定していたものの、いざ発券しようとしたところ、既に「Sold Out」。

すぐに発券しなかったのは、燃油サーチャージが下がり、さらに運賃が安くなるのを待っていたからだったのだが、KUL発の便に関してはどういうわけか、値段はずっと変わらないままだった。

諦めて次の選択肢を考える。MHの次に安かった4万円台後半のSQ。さすがにMHの値段を見てからだと考えてしまうが、とりあえずマレーシアに何かしらの方法で行き、SIN発の+1万円でKUL-SIN-NRTが買えるようなので、これにしようとしていた。

しかしここで何を思ったか、PER-SIN-NRTという航空券を検索すると、なんとKUL発と同じ、5万円台後半で出てくるではないか。問題は「パースって何があるの?」ということで、少しパースについて調べてみると、観光地としてなかなか魅力的であることがわかった。

しかも検索結果に出てたのは、NHのFFPにも100%貯まるEクラス。幸い、SIN-NRTで昨年就航したA380に乗れるのはもちろん、PER-SINで4月に就航したA330に乗ることができる。ちょっと楽しみが増えた。

残る片道のSIN-PERの区間も、格安航空会社が何社も就航しているため価格競争が激しく、値段もこなれている。予約したTiger Airways(2年前も利用)では、コミコミで1万2千円ということで出ていたので、これで手を打った。多少高くてもJetStarの大型機が良いかもと調べてみたが、SIN-PERに関しては、単通路の機材を使っていたようだったので、値段だけ高くて快適性は互角ということで却下。

ちなみにKULにも寄ることを想定し、AirAsiaでKUL-PERを検索したところ、1万円台後半で上位クラスのオファーがあり、一見お得そうに思えた。ただ時間がKUL0時発のPER5時着だったし、SINもKULも数日間の滞在とバタバタしてしまうので、KULへの訪問は諦め。

SYDやMELも、もう少し値段をを出せば、マイレージを稼げて良さそうだったが、ディスティネーションに魅力を感じないのと、ちょっと距離的に面倒くさくなるになるのでやめておいた。

というわけで今回の旅行は、シンガポールとパースを巡る旅に決定。なんと搭乗する飛行機は、すべてエアバス。そして...。

A380搭乗券

次の記事>>Day1-2 新型インフルエンザ騒動