ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Day1-2 新型インフルエンザ騒動

成田までどうやって行こうかと考えていたところに、ETC割引による高速道路の渋滞のニュース。さすがに東関東道は混まないだろうが、念のためリムジンバスを避け日暮里からスカイライナーを選択。

が、いざ家を出ると荷物が重く、品川駅まで徒歩で行くのが困難に思えて、タクシーを使ってしまった。安さというスカイライナーのメリットが相殺される。

まだまだ改良工事が続く日暮里駅は、カオス状態。京成の改札口は明るく変わったが駅の構内は絶賛工事中。

改良工事中の日暮里駅

今いる階の上に、スカイライナー専用の改札・待合室とプラットフォームを作っている。

日暮里駅完成予想図

待合ウンジも仮設のもの。

スカイライナー待合い室

成田空港に到着。しかしここからが普段と違う。念のためにマスクを着用してホームに下車する(もちろん日暮里からマスクをつけていた人もいたが)。周りを見ると、日本人ばかりマスクをしている。外人は皆無に近い。駅の売店では割と目立つところにマスクが置かれていた。

今回は北ウィングからの出発。あまり馴染みのない風景だが、これも成田空港。GW中なので、もう少し人がいるかなーと思いきや、チェックインカウンターはガラガラ。

成田空港北ウィング

NWのカウンターはシックな色で統一されていてオシャレ。職員の誘導で、自動チェックインマシンでチェックインをする。「荷物は自分で入れたか?」という質問も、タッチスクリーンで答えていくのだが、まるで運転免許のペーパー試験の引っかけ問題のような紛らわしい聞き方で、思わず笑ってしまった。

NWチェックインカウンター

出てきてチケットはペラペラの感熱紙。この紙でどこに行けるのだろうか、不安になってしまう。

セキュリティチェック・イミグレーションを抜けてゲートへ。

次の記事>>Day1-3 ノースウェストなの?デルタなの?