ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Day4-4 シンガポールからパースへのフライト

出発ゲートは地上階にあり、外にすぐに出られるようになっている。日本の空港のバスゲートのようなイメージ。

パースへは4時間の旅。単通路の小型機での長時間のフライトは、初めての経験だ。

満席だったら悲惨だが、あらかじめ一番後ろの席を+SGD10くらいの値段で予約していたので、1列を独占することができた。

タイガーエアウェイズは、事前に座席指定する乗客が少なく(有料)、当日指定組は前から順々に座席が指定されていくため、後ろの席は空席になりやすい、という前回の経験があった。経験則に従い今回も後ろの方を座席指定しておいた。

モニターがないため、細かい現在位置は分からない。

飛び立ってしばらくは、綺麗な海や島々が見られたが、だんだんと雲が多くなって、外を見るのもつまらなくなってくる。

外も暗くなり、夜の9時にようやくパースに到着。「何日居るの?仕事?」という質問だけで、すんなり入国したものの、オーストラリアはここからが厳しい。生態系を守るため、動植物の持ち込みが制限されており、きっちりと一人一人検疫をさせられる。

全員X線にバッグを通してチェックをさせられる。タイガーエアウェイズは中国にも就航しているだけあって、中国人からの乗り換え客も多くいる。そのため、干し椎茸などの食い物系を持ち込むことも多いようで、結構時間がかかっていた。

乗り合いバスで、国内線ターミナルを経由して市街地へ。ようやくホテル到着。

次の記事>>Day4-5 Ibis Perth Hotel