ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Day8-2 テトゥアンのメディーナに迷い込む

しばらくしてテトゥアンの街に到着してメディーナに案内される。

メディアナは一人では抜け出せないほど入り組んでいる。ツアーの参加者が迷子にならないように、もう一人後ろからガイドが付いた。

この市場では、チップの要求やおねだり、しつこい物売りが当たり前。若い日本人だからか、英語ができないと見られたのか、そこまで声はかけられなかったのだが、「no thanks」と言っても、永遠とつきまとって時計やらアクセサリーを売りつけてくる。相手も相手で必死なのだ。

いつも気になるのが、発展途上国のこういうマーケットの供給過剰状態。そこに商魂もなければ、他の店と差を出そうという工夫もない。

新興国向けに、小分けになっている食料や、洗剤。

市場も奥の方に行くと、そのうちに何でもアリになってきて、何に使うかわからない、ジャンク市の様相を呈してくる。

ひたすら歩くと、吹き抜けが高い民家のような建物へ連れられた。屋上に行くと、スークやメディーナの周囲が見渡せるところで展望台のような感じになっている。しかし階段を降りると、グループが分かれて商談のはじまり(笑)。

そう、ここは高級カーペット屋だった。もちろんカーペットに、値札はついていない。奥の個室にはソファーがありそこに座れといわれる。前にはテーブルがあり、テーブルの上には電卓が置いてある。すぐに事態を察知して、担当がカーペットを持って来る前に「何もイラねーよ」と面と向かってキッパリと言うと、諦めたのか「じゃその辺で写真とってて」と開放してくれた。


次の記事>>Day8-3 観光客向けのランチショー