ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

RTW #9 サンフランシスコ→シアトル

それにしてもサンフランシスコはあまり見るところが無かった。観光都市ではない気がする。シアトルに向かうために空港へ。綺麗な空港。

ANAのカウンターで、残り行程の航空券を再発行してもらう。「ブラックリストに入れておきますね」と言われて、初め自分がリストに入れられるのだと思い、苦笑。後からわかったが、経路変更が可能で、有効期限が長いため、無くしたチケットがブラックリストに入れられるようだ。しかし最近では本人確認が厳格なため、あまり気にすることは無いだろう。

チェックインのためにユナイテッドのカウンターに行くと、なぜか「あなたの予約がないです」と言われる。それでも問題なく発券してもらえたが、これまた「SSSS」。もはやどうしようもない。手荷物検査でチケットを見せると、蛍光ペンでグリグリSSSSをマークされる。馬鹿らしくなったので、「いやー選ばれちゃったよー」と手荷物検査でジョークを飛ばしてみる。

昼食を何か取ろうとしたが、アメリカらしくどこもサンドウィッチ系ばかり。パンにはもう飽き飽き。これまた日本食のお店があったので、入ってみる。昨日の所と同じ系列らしい。普段あまり好きではないきつねうどんも美味しい。

飛行機はB737-300。この前のSYD→SFOの座席より、なぜか前後幅が広く感じた。ほぼ定刻の12:50にプッシュバック。途中機内からは、ゴールデンゲートブリッジがくっきりと見えた。

ユナイテッドの機内サービスのコーヒーは、スターバックスの豆を使っており、カップもロゴ入りのものが出てくる。たまに中途半端な知識で、「カフェモカ」「カプチーノ」など、注文する客もいるとかネットに書いてあった。あくまでも豆だけで、スチーム・フォームミルクは作ってくれない。

定刻どおり、シアトル・タコマ空港に着陸。やはりF1を思い出してしまうのは気のせいだ。空港ではやたらと日本語案内が目に付く。アメリカでは余り大きくない都市のはずだが、やはりマリナーズの影響なのだろうか。

タコマ空港からは電車は通っておらず、ダウンタウンまで車で行かなければならない。シャトルバスを選ぶ。$23、高い。途中、セーフコフィールドも見えた。

宿にチェックインして荷物を置いた後、パイクプレースマーケットを目指す。ここにスターバックスの第一号店があるのだ。シアトルはスターバックス・タリーズ・シアトルズベストコーヒーの発祥地だけあって、本当に店舗数が多い。スターバックスに限っても、2ブロックに一つある有様。本当にやりすぎ。まぁその分だけ、消費する客も多い。

パイクプレイスに着いたのは良いものの、のようなところに本当にコーヒーショップがあるのか、というところ。魚市場と商店街が一緒になったようなところである。そんな場所の中、昔のロゴを並べた店舗が見えてくる。

スターバックスには、店舗・地域ごとにご当地マグカップ・タンブラーが用意されており、第一号店のは、昔のロゴがプリントされている、という情報を得ていたが、あいにく店内には置いておらず。代わりなのか、パイクプレイスのマークが入っているマグを買う。

店の中は、カウンターと、グッズ棚のみで、席がなかったのは意外。テイクアウト専門店としてスタートしたのだろうか。スターバックス会長は、いまだにこのお店の鍵を持っており、たまに訪れるらしい。

聖地巡礼をした後は、夕暮れ時なので、宿に帰る。それにしても、なぜか市内には「TERIYAKI」という表示が多い。関係ないが、TERIYAKIと聞くと、鶏肉、鶏肉といえば、焼き鳥ということで、日本の焼き鳥が恋しい。

宿の近くにあったビル。WTCに似ているなぁ。

宿には野良無線LANが入っていなかったので、近くのスターバックスにまた入り、T-mobileのサービスを利用する。これだけ対応店舗数が多ければ、街中の無線LANも悪くはない。

今日の思い出写真・・・26.3メガバトル

次の記事>>RTW #10 シアトル