ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

RTW #24 ベルリン→コペンハーゲン

6:15に起きて、出発の準備。バスに乗り、テーゲル空港へ。

バスに乗り搭乗する直前、財布が見当たらないのに気づいた。一旦搭乗ゲートに戻り、物凄い焦りながら5分くらい探す。結局、普通にカバンの中にあった。この旅で、いろいろな物を無くして・落としてきただけに、普段あるところにないと、パニックになってしまう。

搭乗機種はQ400。まさかこの旅でプロペラ機に乗るとは思わなかった。今までジェット機しか乗ったことが無いので、少々不安にはなる。

コペンハーゲンまで1時間。ネットによると、コペンハーゲンは「商港」という意味だそうだ。ハーゲンに値するスペルは、「havn」。「ハウン」と読むのだが、英語では「hagen」となり、日本語で「ハーゲン」となる。街中には、~havnという場所が沢山ある。ちなみに空港は「Lufthavn」。なるほど。

市街地まで電車を使う。デンマーク国鉄といえば、やはりアレが有名だが、まさかそのアレに乗るとは思わなかった。

特徴的なマスクで有名なこの車両(名前があるのか?)に普通運賃で乗ることが出来る。中は成田エクスプレスよりも快適。

市街地までたった15分。地下鉄に乗り換えて降りてみると、街中の一部はこんな道。スーツケースで移動しているため、このような道が一番最悪なのだ。

宿の部屋につくと、電話線の隣にイーサープラグ発見。しかし、IPは貰えてPingも打てるのに、メール・ウェブは使えず。どうやら課金式のようだ。料金を見てみると、上下512Kbpsで一日2500円。1024Kbpsで5000円。べらぼうに高い。試しに無線LANのスイッチをオンにしてみると、微弱ながらも誰かの電波が入り、接続できた。

14時ごろ宿を出て、コペンハーゲンを北に歩いてみる。まず始めに見えたのは、この橋からの眺め。なーんとなく、この場所っぽい。

アメリエンボー宮殿。対称形の面白い形をしている。

衛兵は、先日見たバッキンガム宮殿のとは少し違う。銃を持ちながら、持ち場を行ったりきたり。

奥には教会があった。

再び北を目指して、歩く。そして、何やら人だかりが。

いよいよ「人魚の像」にお目にかかれた。さすが「世界三大ガックリ」、ショボイ。そしてどうでもよい。これでコペンハーゲンにストップオーバーした目的の75%は達成。

川(運河?)を挟んだ反対側に、遠くに物凄い数の風力発電が見える。合計で何kwをまかなえるのだろうか。

今度は、線路沿いに沿って、南下。最近はバス・電車代をケチるのに、2,3km歩くのも苦ではなくなってきている。普段歩かない自分にとっては、大きな驚きだ。歩行道路の横には、自転車道路もある。割とほとんどの道路についており、大きな較差店だと、自転車道路の直進レーン・右折レーンがある。自転車に関する教育をきちんと受けているのか、右手を横に出して、右折の合図をきちんとしている。

ローゼンボー離宮。この奥は公園になっている。

街中、いたるところにこのような像がある

こうしてコメントが適当なように、コペンハーゲンには、面白い場所が無い。どうでもよく、つまらない。レストラン・お店は固まって存在するので、そこまで行くのが面倒。あの人魚の像の前ですら、露店がほとんど出ていない。何か文化的なものに触れられたり、街中が綺麗というわけでもない。あまり観光客向けの場所ではないのかも。

適当に夕飯を食って、早めに宿に戻る。夕方になると、段々と寒くなる。

今日の思い出写真・・・137メガバトル

次の記事>>RTW #25 コペンハーゲン