ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

RTW #28 ベルゲン

5:45起き。フィヨルド周りのためにベルゲン駅に向かう。天気はやはり良くないが、昨日みたいに暴風雨ではない。今回向かうフィヨルドは、ソグネフィヨルドという四大フィヨルドの一つ。

ベルゲンから鉄道でヴォスという町まで行く。トンネルが多いが、車窓からは既にフィヨルドが見える。フィヨルドにかかる、芸術的に美しい橋もあったが、残念ながら撮影できず。

ヴォスという街からからバスに乗り換え、さらに奥地へと移動する。途中、物凄いヘアピンカーブを下っていく。

バスが山を降りると、目の前にフィヨルドが現れ、ここからいよいよフェリーでのフィヨルドツアー。2時間をかけて、ゆっくりフィヨルドの中を進んでいく。

出航!

外の雨は続き、まともな写真を取るためには、濡れながらの撮影。雲が低いため、雨が降っているというよりは、雲が降っているというほうが正しい。周りの山々、そこから落ちてくる滝のスケールはすごい。

途中、民家もある。

これが、ここのフィヨルドで最大の滝。

フロムでフェリーをおり、ここからさらにフロム鉄道でミュルダールまで山を登って行く。発車までの待ち時間に、「昨日あなた方をブリッゲンで見た」というオーストラリア人に会う。オーストラリアまで成田経由だそうで、10時間のトランジットの時間に、成田周辺で観光できないか、という質問をされる。成田山と無難に答えておく。

どんどん山の中を進む。

いたるところで、名所案内が放送されるほか、大きな滝の前では停車し、乗客が外で写真撮影ができる。

ミュルダールからベルゲンまでは、また鉄道。日本人のおばちゃんに話しかけられる。主人がリタイアした後、それぞれ自由に旅行に出ているとのこと。今回は電車で北極圏内の町に行ったり、途中宿泊しているユースホステルが物凄い楽しい、とのこと。なぜか体力面でなぜか負けている。「よいお旅を」と別れると「よい人生を」と言ってくれた。

ベルゲン到着後、やっと空も晴れてきて、先日のブリッゲンの撮り直し。そして、ロープウェイに乗り、フロイエン山の上からベルゲンを見下ろす。

町のところどころが、シャワーになっているのがよく分かる。

さすがに寒くなってきたので、夜景直前で山を降りる。

今日の思い出写真・・・302メガバトル

次の記事>>RTW #29 ベルゲン→オスロ