ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2004年12月5日 シカゴ→ニューヨーク

早くもシカゴ発ニューヨークへ。ニューヨークには実質24時間も滞在しないので、なるべくダウンタウンに近い方ということで、ラガーディアを選んだ。

チェックインすると、ようやくSSSSの文字は消えていることを確認。エコノミープラスをアサインされたが、EXIT ROWと書いてあり、英語に自信がなかったので、万が一を考えて変えてもらった。すると、普通のエコノミーで通路側に変更。情けない。

シカゴ・オヘア空港は、5つのターミナルがあるのだが、ユナイテッドが使用しているターミナル1だけでも、少なくとも5つのスターバックスがある。しかも案内標識にまでサイレンマークと「Sturbucks」という文字。親切にも「drip only」と書いてある店舗もある。日本ではdrip onlyなお店はあるんだっけか?

ホワイトチョコレートモカが甘くて死ぬ。ゲート前のいすの手すりにちょうどスタバのカップが載るのは気のせいだろうか。

機内では、隣が浮浪者っぽいオヤジとデブなおばさんの最悪なコンビ。飛行機は、左回りの渦を巻くように、マンハッタン島を大きく東から南、そして北へ旋回し、ラガーディア空港には、南方向へ侵入した。最初にアサインされた席ならば、マンハッタン島が一望できた席だっただけに、非常に惜しい。アナウンスでは、「左手に見えますのが、マンハッタン島でございます」と見えるものの案内をしている。締めの言葉は「Welcome to the center of universe」。最高なお言葉。

ラガーディアからはバス、地下鉄でマンハッタン島へ。合計たったの$3。ニューアーク空港からより、お金も時間もかからない。

ホテルは51Stの2ndAvと3rdAvの間。どこに行くにもアクセスが良かった。ニューヨークは全体的にホテルが高いのだが、泊まったところは安いし、空港までも楽だし、フロントも親切なので、今後とも利用する可能性が高い。

近くのイルミネーション

まずはロックフェラーセンターのクリスマスツリーを目指すが、周辺は人ごみで大混乱状態。NYPDも出動して、あたりの交通整理を行っている。まるで年末のアメ横、元旦の明治神宮、閉園前のディズニーランドのお土産屋の中状態。なかなかクリスマスツリーと、下のスケートリンクを見える場所にたどり着けない。前の人はかぶりついて、交代しようとしないのだ。

ムービー
(自動的にコーデックをダウンロードします。SP2の人はセキュリティレベルを下げる必要があるようです)

やっとたどり着いた。

前回はアメリカ国旗で埋められていたが、今回は旗が変わっていた。

スケートリンクは入場制限中。今滑っている人は何時にやってきたのだろうか。
ムービー

これは反対側のビルでやっていたイルミネーション。
ムービー

あたりをブラブラして、宿に帰る。どこも日曜日なので、店が閉まっている。エンパイアステートに上ろうとしたが、やはりマンハッタン中のビルは、照明がついていない。ビル丸ごと真っ暗というところもある。もったいぶって、またの機会にする。

次の記事>>2004年12月6日 ニューヨーク→東京