ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

2005年11月23日

1日置いてまた羽田。でも第2ターミナルは8ヶ月ぶり。旅行資金に余裕はないが、どうしてもこの時期に行きたかったので、「いっしょにマイル割」を利用。一人は10,000マイル、もう一人は2万円ちょいでどこにでも行ける。

目指すは広島。小学校6年生の時、修学旅行で行った時、ちょうど紅葉の時期で感動したのを覚えている。どうしてもまたこの紅葉の時期に行ってみたかったのだ。そして、一番好きなお菓子の紅葉饅頭を食べ、広島焼きを食べるのが主な目的。

広島空港からレンタカーで宮島口まで行き、そこからフェリー。観光客でごった返している。恩シーズンなので、10-15分毎にフェリーが出ており、便が良い。。

宮島に就くとすぐに沢山のシカのお出迎え。野生のシカが島中のいたるところにいる。

厳島神社。潮が引いていて、下まで降りることができた。

ロープウェイに上るために、紅葉谷の方へ。紅葉は、綺麗なものもあるのだけれども、若干時期が遅かったようだ。

途中の茶屋で焼きカキを食らう。まぁまぁうまい。

しばらく並んだ後、ロープウェイで登る。ちょっと山が剥げているのが残念。

一度ロープウェイを乗り継いだ後、終点。建物を出ると、サル山。弥山の頂上には行かずに、そのまま山を下る。意外と坂道がきつくて、膝がガクガクになる。確か10年前は、駆け足で下っていた記憶があるのだけれども。

五重塔。夜はライトアップされる。

もみじ饅頭を自分用とお土産用に買っていく。その場でも食べたかったので、単品でいくつか頼むと、横の工場(?)から焼きたてのものを持ってきてくれた。そういえば今まで焼き立てを食べたことがなかった。おいしい。ますますもみじ饅頭が好きになる。後から分かったことだが、自宅では電子レンジで15秒ほど暖めると、それに近い味になる。

ここのお店は一部手動でもみじ饅頭を生産している。

一方、店によっては全自動でやっている所もある。機械が作っているところを見せられても、何も面白くない。

こちらは、あなご竹輪。なんでも、いつの間にか宮島はあなごが名産だったらしい。少なくとも、僕の記憶にはない。あなご丼や、竹輪がいたるところで売っている。観光地として、一つでも名産を増やそうと努力している様子が窺える。

広島に戻り、一度宿に戻る。今回はリーガロイヤル広島。祝日の特別オファーで一人7,500円。安!

夕飯は、複数のガイドブックで、広島焼きおすすめランキング1位だった、八昌へ。いわゆる東京の歌舞伎町のようなところの繁華街のど真ん中にお店があり、店前に行列ができている。

カキのバター焼きはじめました、とのことなので、とりあえずこれを注文。うまい。

そして、広島焼き。目の前で焼いてくれる。結構迫力がある。

卵がマイルドでおいしい。。他のお店とも食べ比べしたかったが、これでおなか一杯。宿に戻る。

次の記事>>2005年11月24日