ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

RTW #1 東京→ホーチミン

N'EX9号とNH953便のお決まりのコース。新しくなった成田空港第1ターミナル。駅から一番近いブースがスターアライアンスゴールド用で、チェックイン後は近くのセキュリティチェックのプライオリティレーンに入ることができる。動線としては素晴らしい。

空港内をぶらぶらしていたら、「COOTS GREEN TEA」を発見。タリーズ系列の抹茶カフェのチェーンだが、あまり積極的に店舗展開はしてないので、知名度は高くない。外国人のウケはどうなんだろう。スタバでは抹茶クリームフラペチーノが日本から世界へって流れになったけど。

LHのW杯塗装。まだ剥がしていない。この飛行機のゴールはミュンヘン。

バンコク行きのゲートは第4サテライトの一番奥のスペース。遠い。近くのANAラウンジにとりあえず入る。シックな作りがいい。名物(?)ともなったNOODLE BARは繁盛している。そんなに具がないうどんが食いたいのか。

今日のシップは、今年の6月ごろにボーイングから受け渡されたもの。ファーストはないが、エコノミーよりビジネスの区画の方が広いという、日本の景気復活を象徴するかのような乗り物。プレミアムエコノミーも多い。掃除機に似た独特のエンジン音を唸らせテイクオフ。成田は今日もすっきりと晴れない。

予定通り772ERのNew Styleだったのでプレミアムエコノミー席をゲット。通常3-3-3の席のところ、2-4-2なので楽。

今日の餌がやってきた。やっぱり毎回同じ味付け。サーモンのサラダは6年前にも食った記憶がある。

ミッションインポッシブル3を見て、うとうと。

一向に新しくならないバンコクの空港へ到着。延期に次ぐ延期でなかなか完成しない(まぁタイの国民性というか)。新空港は9月28日にオープンさせるとタクシン首相は張り切っているが、周囲は懐疑的らしい(テストは進んでいるけど)。次回バンコクに来るのが10月の下旬。個人的に次が三度目の正直となるが、次回はどうなることやら。

ホーチミン行きのゲートを聞いて、ターミナルの端から端まで移動する。疲れた。ところが、今日はゲート変更があり(最初に聞いたやつが知らなかった)、そのゲートは到着したゲートの近くだと判明。また端まで移動する。免税品を買わせるために、わざと歩くエスカレータを作っていない。横に長いターミナルで体力消耗。

ラウンジでうだうだした後ゲートへ。ここから世界一周チケットの使用開始でビジネスクラス。飛行時間は1時間10分だが、それでもミールサービスがある。メインの味は、なんて言うかタイの味って感じでいまいち口に合わない。サラダとデザートはまぁ許せる。

20時30分に、ホーチミン着。そこからタクシーを使って宿を目指す。噂に聞いたとおり交通マナーが酷い。乱暴な運転をするバイクが多く、田舎のヤンキーの暴走行為に囲まれたのかと思ったほど。二人乗りは当たり前、ヘルメットしている方が少ない。クラクションがブレーキ代わりみたいなもの。

次の記事>>RTW #2 ホーチミン