ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

RTW #32 バルセロナ→マドリッド

特にバルセロナでの予定もないので早めに空港へ。13時発の便を予約していて、一本早い便に変更しようとするものの「13時までフライトはないよ」とのこと。11時の便にチェックインがぎりぎり間に合わなかったようだ。あと15分早く着いていれば乗れたのかも。バルセロナ・マドリッドという世界一便数が多い区間らしいが、スパンエアーのフライトは少ないのだろう。その後ラウンジでダラダラ過ごす。

MD87。久しぶり。

50分の飛行時間のため、Cでもサンドウィッチかスナックか。

乾いた大地。

地下鉄を乗り継いで宿へ。バルセロナよりは近代的な地下鉄。たまたまこの日が闘牛が行われる日曜日なので、荷物を置いた後急いで闘牛場に向かう。大概17時にはじまるようだが、時間は既に16時半。大丈夫か。

地下鉄の駅を降りると、すぐ目の前に闘牛場が。当日券を買う。上の方の日陰部分の一番安い所。3.5ユーロ。高倍率のズームのカメラがあるので節約できる。今日は18時からだそうだ。

闘牛場の前に出店が並ぶ。

9月前半の出場マタドール。

闘牛場は円形ではないようだ。

チケットを見せ1時間前に入場。一番上の階なのでビル○階分の階段を登る必要がある。エレベータもある。

牛が。。

大体こんな感じ。日陰席と日向席。

はじまる直前。前の方の席の埋まり具合はいいが、

上の階はガラガラ。もっと混んでいて会場の熱気がすごいものだと思っていた。それと空いているのに隣に人がいたり、ガラガラの列があったりと、シートコントロールがへたくそ。

目の前のバーが邪魔で満足に写真が撮れない。

入場。

まず流れに沿って説明すると、初めに牛のご紹介。

イメトレ中。

ゲートが開き、牛が元気よくご入場。

元気すぎて、人間の相手にならないので槍で2刺し。

続いて、銛を合計6つ打ち込む。

ここからがマタドールの本番。ある程度遊んでご休憩と剣の交換。

再び遊んで、頃合いを見て、

見守られながら、

ぐさっと剣を。

もう一差し。

牛が倒れるとさらにナイフなどを使って完全に殺してしまう。そしてドナドナと。。。最終的に我々の胃袋へ。この後血がついている砂を綺麗にして、次へ。

ラッパなどでイベントを盛り上げる。3人のマタドールが2セットずつ行い、所要時間は約2時間。

刺した瞬間。

他の人との違いが分からなかったが、この人の時だけスタンディングオベーション。どうやらこのマタドールは生まれた年が一緒らしい。

ジャイアンツの応援のように、白いタオルをぐるぐる回していた。

銛を打つ瞬間。飛んでる。

中にはなかなか剣がうまく刺さらないマタドールも

槍、銛まで刺したにもかかわらず、なぜかお友達に護送されて帰って行く牛も。時間がおしていたので、進行上の事情?


次の記事>>RTW #33 マドリッド・トレド