ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

#1 東京→沖縄・石垣島

久しぶりの羽田。ここに来ると747と777が小さく見えるから不思議。チケットに書いてある「チケット購入は20分前、搭乗口へは10分前までに」という文字に驚いてしまう。まぁ国内線専用空港だし。

石垣へは、ロンドン発券の東京経由沖縄行きのチケットに、石垣往復の特典航空券(15,000マイル)を組み合わせる。今回調べていて知ったのだが、沖縄往復を特典航空券にしていれば、そこから先の離島往復を5,000マイルでできるようだ

朝6:40東京発。搭乗券が出てくるのに時間がかかってSignetに寄る間もなく搭乗。B763。これまた隣席ブロック失敗。

那覇は快晴。次の石垣行きは12:15発だが、あえて前倒しせずにゆいレールで国際通りへ。

相変わらずTシャツ屋が多い。段々調子に乗ってきたな。

牧志の公設市場。感動するのは初回だけか。

なんとなく「てびちそば」。いつも食べている宮古の古謝本店よりあっさりとした味付け。

しばらくぶらぶらして那覇空港に戻る。ANA側のピアにスタバができていた。新シートのB735で石垣着。上空から見ると宮古より都会だということがすぐにわかる。

宿に荷物を置いて、市街地へ。メインストリートを探す。前回の台風の爪痕が残っている。まるで地震の後のようだ。

ル:トロピックでマンゴー系のかき氷。台湾と比べて高く感じてしまうのは仕方がない。

石垣市公設市場へ。石垣牛が並んでいる。別にインパクトもなければ面白くもない。

やはりあったA&W。

1978年7月30日に右側通行から左側通行に変わったことを示す石。

請福泡盛。珍しく見学することができる酒造所。

今日は蒸留工程を見ることができた。昔ながらの道具なども展示している。

1階では試飲コーナー。実のところ「請福」ブランドは飲んだことがなかった。オリジナルの請福は、すっきり・あっさり系。その10年古酒を使用した「海の道」はおいしく感じた。ただサイズが700mlしかなく買わず。

ほろよい気分になりながら散歩。雲ばかり。

2つの看板に注目。世紀末だからではなく台風のせい。外のポールの看板は他店舗でもこうなっていた。

民宿なので夕食が出る。沖縄料理てんこもり。


次の記事>>#2 石垣・竹富島