ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

AWARD RTW #1 東京→サンパウロ

成田へはスカイライナー。日暮里駅の改良工事が進んでおり、スカイライナーの待合室の位置も変わった。ただ若干広くなったもののまだまだ狭く、座るところがない。

いつも通りAカウンターでシカゴ・ワシントン経由でサンパウロまでチェックイン。

そういえばプライオリティーセキュリティチェックレーンの向かいにあった、抹茶系のオリジナルドリンクを出す「クーツグリーンティー」がつぶれていた。代わりにSUBWAYが入店。クーツグリーンティは個人的に好きなチェーンだし、世界展開も期待していたのだが残念。いかんせん日本での知名度が低すぎる。まずは日本での地盤を固めてから、といったところだろうか。

ラウンジに寄ってゲートへ。今日は第5サテライト側。

機材は初めての773ER。何となくあまり遠くに行く気分にならない。

Cキャビンはほぼ満席。2カ月前の予約時には大丈夫かと思うほどガラガラだったが、なんとかなるらしい。F席後ろのCが2列並ぶコンパートメントを確保。ややギャレイがうるさいが、妨げるものは少ない。

ウェルカムドリンクに続いて、食事前の飲み物。シャンパンの種類が変わった前のもののほうが好みに近く、キールロワイヤルにしてごまかす。

座席は同じNew Styleでも774に比べて、少し変化。モノ入れと靴入れが無くなり、ペットボトル入れが座席についた。座席にはリラックスモードというモードがプリセットされ、これは気に入った。また滑り台と言われていた座席にフットレストがついたが、個人的にはこれはなくてもいいと思う。

和食をチョイス。

デザートはパフェ。微妙。

少し読書後、ベイリーズをもらって4時間ほど就寝。

朝食も和食。小さなお弁当箱とお味噌汁。温かい和食が欲しかったらFに乗れということらしいい。朝食は洋食のほうがよさげ。

そんなこんなで日が昇る。

外を見ると雪景色だが、機内音楽は沖縄系のチャネルを選択。しかも2チャンネルも沖縄系の音楽が用意されている。

シカゴに到着。イミグレには我々のみで、外国人レーンは1人で対応。それでも日本人らしく、戦勝国を目の前に死んだように静かに並ぶ。


入国してターミナルを移動、再度セキュリティチェックを受け直す。もの凄い行列が出来ているが、プライオリティレーンを利用すれば問題ない。セキュリティチェックの厳しいアメリカだとありがたい。カバンの中を全部調べられる。現在の警戒度はオレンジらしい。馴染みのない色である。

ベンディサイズのスターバックスを持つ人々をよく見かける。アメリカに来たことを実感。

CコンコースのRCCまで移動。広くて快適。

しばらくしてから搭乗。ワシントン経由ブリュッセル行きの国際線機材。2クラス機材ならばC発券はF扱いになるが、3クラス機材の場合はそのままCクラスとなる。

温めたナッツと、昼食にローストビーフサンドイッチが出る。これはおいしい。

ワシントンで乗り換え。徐々に新塗装の割合も増えてきた。

時差ボケでドアクローズ前から爆睡。起きたらすでに食事の配給をしていたが、眠いので食事も取らずに再び眠ってしまった。日本時間でいうと徹夜明けの朝のような感じ。

しばらくは寝られたが、一度起きてしまうと再び寝られない。シートが壊れているのか、フットレストが上がった状態で固定できない。いつもユナイテッドビジネスでは壊れた席に当たる確立が高く、との相性が悪い。

途中ブラジリアらしき街の光が見えた。その後朝食。


次の記事>>AWARD RTW #2 サンパウロ→リオ・デ・ジャネイロ