ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

AWARD RTW #2 サンパウロ→リオ・デ・ジャネイロ

定刻20分前に到着したが、入国審査でかなり並ぶ。直前に大型機がたくさん到着し、初めて入国審査場(行列)への入場制限というものを見た。まるでディズニーランドのアトラクション待ち。結局入国審査を終えたのは飛行機から降りて1時間半後。その後も次々と飛行機が到着し、大混雑は続いているようだった。

ここから目的地のリオ・デ・ジャネイロまでのチケットを買わなければならない。地元航空会社の選択肢がいくつかあった。「TAM」はかなりチェックインカウンターとチケットセールスカウンターが混雑していたので、空いていた「GOL」を選択。チケットセールスカウンターではほとんど英語が通じない。たらい回しには合ったが、皆親切に案内してくれる。

肝心の値段に関しては、当日購入ということで高額になることを覚悟していたものの、格安で買うことができた。サンパウロ、リオデジャネイロ往復でおよそUS$130。東京で旅行代理店を通じて事前に買うより断然安い。しかしWEB同様、決済にはブラジル発行のクレジットカードしか使うことができないようだ。

時間も都合の合う便があり、「出発時間は「now」」と言われたときは耳を疑ったが、アメリカと違い出発間際発券でも特に問題ないらしい。奇妙なことに、リオ行きは国際線扱いで、出国審査を通らなければならない。ただリオ行きの乗客は特にスタンプを押されることなく、スルーで通ることができる。

チケットは薄っぺらい紙。

機材は738で、60%くらいの搭乗率。ゲートや機内でも英語のアナウンスがある。機内誌を見てみると、GOLは南米域内で徐々に路線を拡大中のようだった。飛行中は、ジュースとスナックのサービス。マンゴージュースもあった。

リオの空港から宿までは空港バスを使う。空港を出てしばらくは少し治安の悪いところのようで、街中は落書きだらけ。バラックに近い家々が点在している。

気温は31~35度。平均よりかなり高い。宿について疲れで倒れる。

次の記事>>AWARD RTW #3 リオ・デ・ジャネイロ