ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

旅行に行って両替しなかった国

産経新聞にアイスランドのキャッシュレス事情が掲載されていますので、アイスランドに行った時のお話。

軍隊の次は現金消える? 人口30万のアイスランド インフレの歴史背景に

---
現金を使うのは子供か、100クローナ(約190円)前後の少額の取引
---

とあるように、アイスランドはクレジットカード・デビットカードの利用率(取引額)は世界一だそうです。

RTW #28 レイキャビーク→オスロ のエントリーでも書いている通り、私はアイスランドで全く両替をせずに旅行をしました。その結果、アイスランドの通貨を見ることなくアイスランドを発ちました。

まずレイキャビークの空港に着くと、飛行機の到着時間に合わせた市内までのバスが出ているのでそれに乗り込みます。この時はロストバゲッジの対応をしていたので、バスが出発時間が迫っており、空港での両替ができませんでした。そもそも両替商が無かったような記憶もあります。が、バスの運賃もハンディタイプののカード読み取り機を使ってカード決済です。

コンビニ(街の軽食屋も兼ねているような所)でも、スーパーでも、観光案内所でも、ツアー先の休憩所も、すべてカード対応。市内でも両替所もありましたが「なんか、並んでるから、まぁいいや」という気持ちで、ずっと両替しませんでした。現金しか受け付けない場所では「オー、ソーリー」と言って済ませそうなノリです。(ATMは沢山ありましたが、当時は活用していませんでした)

しかーし。

なんと言ってもアイスランドの物価は馬鹿高です。カードだからと、使いすぎると痛い目に遭うかもしれません。

次の記事>>ANA/JAL 海外発 国際線特典航空券の国内区間の扱い