ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Day1-1 国際線機材にて関空へ

5時半に家を出て品川から京急。キャリーバックを持つ人は羽田空港行きに乗り、釣り竿を持つ人は次の三崎口を待つ。釣り人はどこで釣るのでしょうか。朝の快特は詰まること無く、ぼぉっとしている間に空港へ。

前回と同じく第一ターミナルの新大和に寄って和朝食。全部同じなので写真は省略。今どき朝食をきちんと食べているのはジジババとAMEXホルダーだけです。

signetでプリントサービスを利用。PDFを入れたメモリーカードを入れてファイルを選択する。特に今回は出発前日に自宅のプリンタのインクが切れてしまったので、バウチャーなどの印刷ができなかったのだ。今後万が一のために、今度からメモリーカードにたんまりとPDFを入れておくことにします。

搭乗するNH141便は763ERでの運航で、いわゆる国際線機材での運航で割と有名になっている。Cクラス席はSSPではなく一般席としての販売。つまり早い者勝ちで座れる。まれにClub Asiaが入ることもあるらしいが今回は旧タイプ。一度バンコクからの夜行便で乗ったことがあるが、やはり狭い。

B763ER国際線機材

中部国際空港付近で降下開始。紀伊半島をぐるーっと回って関空へ。四国と紀伊半島の近さに驚く。
この間には紀淡連絡道路という計画がある。橋を架けたくなる気持ちも分からないでもないが、いらないでしょう。

関空

3年ぶりの関西空港着。

次の記事>>Day1-2 関空展望デッキで飛行機ウォッチング