ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

欧州発中距離線 しょぼいCクラスがまともになるらしい

欧州キャリアでは、短距離路線用のC席といえば、隣に人がいないだけで座席自体はY席と変わらず、ミールが出てくるだけでガッカリした人もいるかと思います。

実は短距離路線だけではなく、中距離路線も同様です。欧州から3時間以上かかる北アフリカ大陸行きの路線でも、B737やA320が使われています。ウィーン→カイロもそうでした。

ルフトハンザなどは既に大型機材で座席もまともなのかもしれませんが、小さめの機材を使っていたオーストリア航空はようやく座席を改善するようです。

Austrian introduces premium service on longer medium-haul flights

http://www.easier.com/view/Travel/Flights/Austrian_Airlines/article-148214.html

2008年9月から、中東地域や、アスタナ、中央アジア地域行きが対象のようです。

次の記事>>発売当初のスターアライアンス世界一周航空券の運賃は?