ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

余った搭乗券の半券と外国硬貨をどうするか

なんとなく残している搭乗券の半券や航空券ですが、寄付することにより役に立つということが分かりました。

JOICFP(ジョイセフ)という団体が、様々なものを収集しており、寄付されたものはコレクター・マニアなどに売却。売却益は発展途上国のために使われるとのことです。

収集ボランティア一覧

---
16. 使用済み乗車券・乗船券・搭乗券
  1) 日本の長距離・地方バスの紙製乗車券
  2) 日本の定期船・フェリーの紙製乗船券
  3) 外国バス・列車乗車券
  4) 飛行機の使用済み搭乗券 (半券)

18. 飛行機の使用済み搭乗券 (半券)

20. 航空グッズ
(機内食のメニュー、機内配布の景品<トランプ他>、アメニティ・グッズ(機内配布の基礎化粧品や洗面セットなど)、およびアメニティ・バッグ (アメニティ・グッズが入っているバッグ)など
---

半券なんて誰が買うんだ?という感じですが、アメニティグッズなどは、今度から積極的に持って帰ろうかな、とも思ったりします。

あ、もちろん余った外国通貨なども受け付けています(空港でもありますよね)。

次の記事>>B787はハッキングされる恐れがあるらしい