ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Day5-1 ゆいレールと国際通り

地元の人からも「ふざけている音楽」が駅ごとに流れるゆいレールに乗り、隣の県庁前へ。車内にはいつの間にか「痴漢は犯罪です」のステッカーが貼られていた。それだけ利用者も伸びているとのことだろう。東横インのネットワークは、ウェブとメールしか使えないので、YahooBBモバイルが使える、国際通りのマクドナルドを目指す。

ゆいレール

ホームと車両

国際通りまで来たのはもう一つ目的があり、現金をおろすこと(離島に行くといつも困る)。指静脈認証のみ対応しているキャッシュカードしか持っていないので、使えるATMが限られるのだ。東京では三井住友の支店が沢山あるが、沖縄にはなんと支店は0店。ampmも全く店舗がないという。

他の銀行からも現金をおろせるようで、三井住友のコールセンターに電話をすると、ゆうちょ銀行かみずほ銀行が対応していると教えてくれた。結局ゆうちょ電話して確認するとダメで、みずほ銀行しか対応していないらしい。旅行する際には国内でもキャッシュカードの種類に気をつけた方がいい。

県庁前から国際通りへ。ちょうど国際通りの東側のゲートウェイという行った感じ。

国際通り

おみやげ屋さんが、一段と調子に乗ってきた。最近では修学旅行生を初めとした観光客への客引きが問題になっているらしい。案の定、地元民はほとんど行かず、「おもろまち」という「新都心」に行くそうな。

お土産屋

マックがすぐに見つかった。無線LANが使えるのはもちろんだが、電源ポートを備えた机がいくつもある。

マクドナルドのテーブル

みずほで現金をおろして一段落。県庁前の様子。温帯低気圧が那覇に接近している影響で風が強く、椰子の木がすごいことになっているが、まるで強い風にも慣れているかのような感じ。

県庁前

再び、数日前に会った同僚に携帯電話を借りるために小禄のジャスコへ。

小禄ジャスコ

小禄ジャスコの本屋は、沖縄関係の本がまとまって沢山並んでいる。東京の大型書店で沖縄の本を探すよりも、探しやすそうだ。もちろんポイントが貯まるので、東京に帰ってAmazonで注文するけど。

日焼けがひどく観光どころではないので、今度は皮膚科のある病院へ。診てもらうと、どうやらまだマシなようで一安心。全身ひどい日焼けをした場合、生死に関わるというから恐ろしい。ステロイドの軟膏をもらう。

その後「瑞泉酒造」に行こうとしたが、アルコールは日焼けには良くないというアドバイスを思い出し(試飲しか考えてない)、今回はやめておく。さらに運悪く、にわか雨が降り出した。首里の石畳も検討したが、滑りそうなので、これもまたの機会ということに。

次の記事>>Day5-2 平和通り・壺屋焼物博物館