ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Day7-2 マウントクック経由クライストチャーチ行きツアー2

再びバスは出発。この地域は人工的な街だとか。湖も人工的に作ってしまうのはすごい。

牧羊地のことを、英語ではステーションと呼ぶ。広大なステーションでは牧羊犬ではなく、ヘリコプターで羊を追い回すんだとか。確かに効率の良い方法ではある。

山道でもかなりのスピードで飛ばしているが、運転がうまいためいらない心配をすることはない。

セミデザートと呼ばれる一帯に来た。ロードオブザリングのロケ地にも使われたという。山々に囲まれた平野の道を行く様子は、なんとなく新潟平野に似ている。あくまでも、なんとなく...。

またまた休憩。この手のツアーで面白いのは、モーニングコーヒーの時間が設けられているということ。給油目的もあるのだが、大体30分くらいの休憩が朝夕に2回組まれている。

名前の通り参加者はコーヒーを飲んでいるのだが、日本の高速バスで、いちいち休憩のたびに買い食いしている奴がいるものかな?、と考えてしまう。欧米人のエンゲル係数はどうなっているんだ??

このような小さなコーヒーショップでもエスプレッソマシンがちゃんとある。シングルのマキアートは大体$3ほど。物価水準で言えば、大体アメリカドルと同じくらいの感覚だろうか。現在の日本円のレートで150〜160円なので、日本ではドトールのコーヒーさえ飲めるかどうか。

カプチーノやアメリカーノやラテなど、普通のエスプレッソコーヒードリンクはもちろんあるが、日本ではあまり聞かない単語も出てくる。例えば「White Caffe」「Short Black」「Long Black」などがある。ググれば、どのような飲み物かがわかるはず。

羊の輸送シーン。

出発。

これは世界最長のスプリンクラーだそうだ。一回の稼働コストが100万円だとか。しかし、このように人工的に水を与えないと、土地が乾いているので草が育たないので、どうしようもない。

次の記事>>Day7-3 マウントクックのお目見え