ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】

Day8-4 国内線でオークランドへ

小さな飛行機が並ぶなか、対照的なエミレーツのA345がでかい飛行機が過ぎていく

Seat+にアサインされたようで、座席が広かった上に、隣には誰も座っていなかった。

行きのフライトでは、コーヒーか紅茶、ミネラルウォーターの選択だったが、帰りは何種類かのワインを積んでいた。むしろソフトドリンクは頼まれると奥から出してくる具合だ。

おつまみとして、チーズセット。これはうれしい。

ちょうどハロウィンの時期で、機内には仮装した格好で入ってくる人もいた。その内の一人が、客室乗務員に代わって飴を配っている。安全上好ましくないと思うが、なんとものんびりとした国である。

わざわざオークランドに前日に来たのは、当日の朝のチケットがあまりにも高過ぎたためだ。また接続便も1便しかなく、かなり早起きをしなければならず、仕方がなかった。

適当に空港近くの安宿を取ったが、あまりにも酷すぎた宿だったので特に記述しない。

次の記事>>Day9-1 搭乗時間を間違えるの巻